子どもの自由な発想を叱らない

お小遣い制度

前回の記事では小遣い制について話していますが、無条件にお小遣いが悪いと言う事ではなく、ご家庭の事情またはお子さんの性格によっては小遣いの方がいい場合があります。

前回の記事はこちら稼げる子どもを育てたいなら今すぐやめよう小遣い制度

欲求のコントロールができない子どもには小遣い制をとった方がいい場合があります。特に家族で買い物に出かけた時にお子さんの目当ての物があったとして【買って、買って!!】攻撃してきた際に買ってあげるか、買う前提でどうして必要なのか!?子どもに考えさせてあげる事をおすすめします。

駄々をこねたり、計画性のない子もいるので難しい点ですが、いいお小遣い制もあります。

例:一月のお小遣いで千円あげてるのであれば毎月千円あげるのではなく、数ヶ月分をまとめて五千円にしたり一万円であげたりした方が計画的に使うことができるようになります。

なぜ?まとまったお金を渡すかと言うと前回の記事で出てきたサラリーマン思考を覚えてますか?

・見てない方はこちらサラリーマン思考

サラリーマン思考だと上限範囲以内でやりくりする思考になるのと千円だとゲームすら買えないですよね、それならゲームが買えるくらいの額を渡すのか半年待って五千円や一万円なら本当にゲームを買う金に使うのか、他に買える物にするのか選択肢が増えます。毎月千円では貯金する子は貯金しますがほとんどのことなら駄菓子屋で使ったり、コンビニでお菓子やカードゲームに使ってしまうでしょう!!

無駄遣いをいちいち叱る必要はない

お子さんがカードゲームやコレクションだったり親から見たら無駄遣いと思っても叱ることは避けるべきです。いちいち叱られては親の顔色を気にした買い物をし出すように『怒られないように』と子どもの素晴らしい自由な発想を萎縮させてしまいます。

経営者や僕達のようなフリーランスで稼ぐ起業家は発想がずば抜けてたけてます!

僕は幼い頃お小遣い制ではなく欲しい物は欲しいと理由を母に話して買うか買わなくていい物なのか話していたと母が言ってました。

HAYATOさんだからです!とか、お金持ちの家だったんでしょう!?っとよく言われますが僕は母子家庭育ちの男三兄弟の末っ子で育ったのでごく一般的な家庭よりはちょっぴり貧しかった生活を過ごしてました。

なので財閥だろうが、貧し家庭だろうが子どもには関係ない話で子どもの中では意味があると思ってるから買う訳でいちいち叱らないように見守ってあげましょう。

それが親子の信頼関係に繋がると思います。僕も無駄遣いした事ありますが一度も叱られた経験がないですし、今でもかなり母親と仲がいいです。

まとめ

・欲求のコントロールができない子どもには数ヶ月を1回に分けてこずかいを与えましょう。

・まとまったお金をもらう事で計画的に使う子に育ちやすい。

・子どもが無駄遣いしても子どもにとっては意味のある事なので叱らないようにしましょう。